夏日

 どうも田村です。

 今日も暑いなと思って最高気温を調べたら、33℃でした。

 つい最近まで梅雨の雨が続いて肌寒い日々が続いていたのに八月に梅雨明けしてから一気に気温が上がりました。

 寒暖差が激しい季節の変わり目には免疫力がおちて風邪をひいたり体調を崩したりなどが懸念されます。

 特に今年はコロナの流行もあり、免疫力が下がることは怖いです。

 我が家では免疫力を高めるため、アールワンをヨーグルトメーカーを用いて作って食べることが日課になっています。

 各家庭で取り組んでいることもあると思いますが今年の夏は一人一人が意識的に体調管理を行うことがより重要視されますね。

0

梅雨明けして、夏真っ盛りへ

 どうも田村です。

 今日8月1日に気象庁は関東の梅雨明けを発表しました。

 今年は梅雨が長かったというのが率直な感想です。

 ここから、暑い日々が続くと思うと憂鬱になりますね。

 今年はコロナの流行もあり、マスクをつけることが多くなります。

 そうなると怖いのが熱中症ですね。

 特に今年は学校の夏休みが短縮され、夏休みに入るまでが例年より遅いため暑い中登校する子どもが増えます。

 登校中はマスクを外すことが推奨されるので、外を歩くときはマスクを外して過ごして水分もこまめに補給するように心がけたいですね。

 コロナと熱中症に気を付けて今年の夏は過ごしましょう。

1+

フォートナイト

 どうも田村です。

 最近、小学生の間で人気のフォートナイトがスマホ版で出たので始めてみました。

 簡単にいうと、壁や階段を作れるバトルロワイアルゲームです。

 ステージに落ちている武器や物資を拾って戦ったり、戦局を有利に進めながら最後の一人または一チームになるまで戦います。

 このゲームはプレイヤーがボイスチャットを利用して話し合いながら協力する話す・聞く力や協調性、壁や天井などを建築しながら立体図形などの見方考え方を養うのに適していて子供がやるには面白いゲームとなっていると思います。

 今まではゲームでは力がつかない、時間の無駄、遊んでいるだけとみられがちだったかもしれません。

 しかし、最近のゲームでは子供の教育に利用価値のありそうな内容が組み込まれているのかなと思いました。

1+

四連休の結果は…!?

連日200人超の感染者を出し続けている東京、動向が気になるところですね。

本日131人と、7日ぶりに200人を下回ったそうですが、これは四連休による外出控えが影響したものではないかと言われていますね。

減ってきてはいるのですが、入院患者数はついに1000人を越え4桁の大台に乗ったそうで。

引き続き気を引き締め、感染拡大防止に努めていきましょう。

1+

ツーブロック

 どうも田村です。

 教採が終わりました。

 教採には先生や公務員が守るべきルールというか法律が出てきました。

 そこで今回はルールの話でもしようかなと思います。

 今話題となっている學校の校則でツーブロ禁止の件ですが、禁止の理由がヤカラに絡まれるからとのことでした。

 これについて思ったことは、その理屈で行けばかなりの人が道を歩けば絡まれるんじゃ…ということです。

 現代ではスポーツ選手や芸能人など多くの人がツーブロにしている気がします。

 そんな世の中では子供も好きな有名人の真似をして上方くらいマネをすると思います。

 子供だけでなく大人もツーブロの人って結構見かけます。

 そう考えるとツーブロの多い現代では多くの人が髪型一つでいちゃもんつけられて絡まれている気がします。

 多様化する社会への対応とか言いながら教育現場は変わって来ているのに、髪型一つでうだうだ言っているのはおかしな話な気がする。

1+

警戒レベル最大!

本日の新規感染者は143人と2日連続で200人を下回りはしたものの、直近7日間の平均新規感染者数は173.7人(14日時点)と、緊急事態宣言中のピーク(167.0人4/14)を上回っているそうですね。

感染経路不明者の週単位の増加費も前週倍近くなっており、都内感染警戒度を最高レベルの【感染が拡大している】に引き上げたようです。

引き続き注意していきたいですね。

 

1+

今日は119人でしたね

9日から4日連続で200人を越えていた、新型コロナウイルス感染者が5日ぶりに200人を下回りました。

一説では検査体制が整ってきたことで人数が増えてきた、という話のようですが。

陽性率も上がっているとのことで、新規感染者割合が増えていることに違いはありません。第一波を乗り切ったとはいえ、第二波の備えはしっかりとしなければなりません。

舞台の観覧者800人全員が濃厚接触者認定された舞台があったそうですし。

今後も一人ひとりが気を付けて生活していかなければですね。

1+

あと3日

 どうも田村です。

 教員採用試験まであと三日となりました。

 この前、松尾先生に意気込みでも書いたら?と言われたので意気込みというか心境でも書こうかなと思います。(特に書く内容なかったので笑)

 心境としてはもうすぐという実感がわかないといったところですかね。

 正直、一週間を切ったあたりからなるようにしかならないと思ってきた感じです。

 相性の良い問題が出れば何とかなるだろうし、相性が悪い問題が出たら厳しいかなという感じです。

 センター試験や大学の一般入試の時もこんな心境でした。

 多少は緊張もありますが、この際開き直ってすごす方がいいのかなと思っています。

 受験間近の受験生に対しても私は開き直っちゃえと言うと思います。受験日間近の演習で焦って実力が出ずに空回りして、点数が取れなくて不安を抱えたまま試験を受ける。こんなコンディションで試験に臨ませたくはないなと自分が担当する生徒に対しては思います。

 だから、なるようにしかならないと思っています。

 とりあえず、今は最後の調整として軽く勉強して確認している感じですかね。

 そこそこ頑張ろうかなと思います笑 以上

1+

空気感染

 どうも田村です。

 今日見たニュースでコロナウイルスが空気感染をする可能性が示唆されたことを知りました。

 約230人の海外の専門家がWHOに空気感染のことを伝えたそうですが、現在はまだその根拠が明確ではないとWHO側は主張しているようです。

 また都内でも感染者数が増えていることもあり、ますます不安が募ります。

 今できる感染対策を一人一人が行うことが大切ではありますが、さらに空気感染の可能性が出てくるとさらにパニック状態が悪化しそうで怖いですね。

 という今日の思ったことです。

 

 今日のブログ内容なさ過ぎです。 次回は教採直前になると思うのでその時にはなにかちゃんとしたこと書きます。(多分)

 

1+

前回の続きです!沖本です。

こんにちは!こんばんは!おはようございます!講師の沖本でございます。

今回は、前回お話したyoutubeについて書いていきたいと思います。

前回はyutubeの今後についてお話していきましたので、今回も私個人的意見として

youtubeなどのライブ配信についてブログを書いていきたいと思います。

最近私が見て考えたのは、これからのライブはyoutubeなどのインターネットを介したものに変わってくるのではないかということです。(浅はかな考えですがどうぞ優しい心で見守ってください)

この考えになったのは、youtubeの生配信をつかってライブをしているアーティストを見たことがきっかけです。

アーティストのライブは(計算を簡単にするために)チケットの値段が1万円。

(ドームの大きさによりますが)ライブを行うドームがの動員数が2万人だとします。

1万円×2万人=2億円の収益になります。(ドームを借りるお金を抜きにするとですが・・・)

ただ、youtuberとしてチャンネル登録者数が200万人いるとすると、ライブ配信を見る人数は2万人の観客よりも圧倒的な人数になります。

半分の150万人がライブ配信をみて100万人がダイレクト課金(100円)をしたとするとを

200円×100万人=同じく2億円の収益になります。(完全に机上の空論ですが・・)

この生配信とライブの大きな違いが、動員数が少ないため大きなライブハウスを借りなくていいことです。

極端に言えばアーティストが歌える演出できる環境が整ってればいいわけですから、

アーティストとカメラマンだけしか入らないライブハウスでもできるといったところが利点です。

このブログを見て、「ライブには生でアーティストと会える良さがあるんだ!」と思う人がいるかもしれません。・・・が

「それなら小さなライブハウスを借りてチケットも売って、(生の良さも生かして)youtubeで生配信(生配信を見る際に、ダイレクト課金が必須)もすれば?」というのが今回の結論です。

これなら「絶対に生がいい!」という人はライブのチケットを死に物狂いで取るだろうし、

そこまで生ライブに固執しない人は、「大きなドームであまりいい席じゃないのなら、200円払って生配信を見ようかな~」

という形にすれば、

小さなライブハウスを借りる=箱(ライブハウス)を借りるためのお金の軽減?

チケットを高値にする=席が少ないため希少価値が上がり、チケット争奪率が上がる?

ライブ配信をする=アーティストに興味はあるが、ライブを見るほどの熱はない人から、ダイレクト課金で収益を取れるかも?

という形が、収益化につながる大きなシステムになるのではないのかなと勝手に考えています。

ということで、「ライブハウスは小さいものに限定されていくのでは?」という自論です。

机上の空論でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は何を書くのか考えていませんが、思い付きで書いていきます。

それではみなさん!さようなら~

1+