30歳で初の箱根駅伝へ

みなさん、こんばんは。

私は、毎年楽しみにしていることがあります。

それは、以前陸上をやっていたこともあり

年初の2日、3日に開催される、” 箱根駅伝 “です

最近では、毎年間近で応援をしており、毎年の楽しみとなっています。

予選会は無観客での開催となり、本戦はどうなるのやら...

テレビで応援したいと思っていますが、ここで

最近、テレビで見ているとなんと箱根駅伝の予選会に、

駿河台大学在籍の

” 30歳のオールドルーキー ”

今井 隆生 さん“の特集が放映されておりました。

この方は、中学校の体育先生をされていたのですが

生徒さんと関わるうちに、今の子どもたちはある種の根性論ではなく

寄り添った指導が今後は必要だと考え、大学で心理学を

学ぼうと決意したそうです。

同じ年代の、同じ教育に携わる者として

心から応援したいと思うようになりました。

当然、私もここからまだまだ挑戦できると

勇気を頂きました。

そんなこんなで、先週土曜日の10月17日(土)

箱根駅伝の予選会が行われ、上位10名までが箱根駅伝への

出場校が決定しました。

結果は、8位  法政大学

    9位  拓殖大学

    10位  

 

 

       ” 専修大学 ”

 

 

駿河台大学は、15位でした。

惜しくも出場ならず。

ぜひ、次も頑張ってもらいたいです。

 

ちなみに、駿河台大学は昨年、当校の生徒さんが合格した大学です。

そんなこともあり、ニュースで目に留まったのかもしれません。

今年の入試結果は、今のところ日本大学附属の到達度テストの結果によりセレクト(選抜)の

結果、無事全員の合格が決まりました。

その中でも、中学の頃から志望していた学部に合格できた生徒さんの合格は本当に

嬉しかったです。

まだ、大学受験生はいますので、今年の大変なコロナ入試を突破させてあげられるように

精一杯、生徒さんと一緒に頑張っていきたいと思います。

もちろん、高校受験、中学受験も全員合格目指して、講師、教室スタッフ一丸となって

箱根駅伝に負けないチームプレイで入試を突破したいと思います。  

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA