2021年開始早々悲しいことがありました

明けましておめでとうございます。旧年はお世話になりました。

私は20歳になりました。

2021年始まってすぐ緊急事態宣言が出ましたね。

これにより、成人式が中止になしまいました。とても楽しみにしていた分、残念でなりません。

しかも、飲食店が夜の8時までしか営業していないから、友達と飲むところもない。カラオケなどの遊ぶところもない。何をしましょう。

こんなに悲しい成人式があるでしょうか。

なぜ中止にするのか、なぜオンラインで強引に行おうとするのか。偉い人の考えていることはわかりません。偉い人には、延期という考えはないのでしょうか。

無理に1月に行うのではなくコロナが落ち着くまで待ってそれから行ってほしい。

成人式は中止にしてオリンピックはやろうとしているのはおかしい気がしてなりません。

ニュースでも、「なぜ成人式に集まる必要があるのか」と成人式を別にやらなくてもいいんじゃないか、という声が少なくありません。

成人式を行った人からやらなくてもいいという発言は当人からすれば、すごく腹立たしい。

かわいそうですねとか、コロナ禍での対処とかを話しておけばいいのになぜ、やらなくてもいいという話をテレビでするのか。あなたたちの成人式はよほどつまらない式だったのではないかと、つい邪推したくなります。

とにかく、中止よりも延期を考えてほしい。

たとえ来年であろうとも一個下と同じタイミングであろうとも行ってほしい。

0

嵐にしやがれ終了で悲しみが深い沖本です。

こんにちは!こんはんは!おはようございます!講師の沖本でございます。

お久しぶりです皆さん。もう年末ですね。今年の年末と言えば嵐が活動中止になります。

昨日の、嵐のラストステージ皆さん見ましたでしょうか??

僕は見たのですが、番組の作りが最後まで嵐らしくてめちゃくちゃ感動しました。

嵐についていろいろ語りたいことはあるのですが、今回はブログなので内容を作るためにシングル売上ランキングを紹介したいと思います。

シングル曲ランキング三位からの発表です。

三位は「calling/Breathless」です。

これは、正直全然聞いたことなかったです。(笑)

今聞いてみた感じ明るい曲というよりは、かっこいいテイストの曲でした。

相葉ちゃんが主演をしていたラストホープというドラマの主題歌だったみたいです。

二位は「A・RA・SHI」です。

嵐のデビュー曲は第二位です。多分嵐の中で一番有名な曲だと思います。

これは皆さん知っているのではないでしょうか?二位で知っている曲が来て安心しています。

この曲は最近まで売り上げ一位でした。デビュー曲なのに意外ですよね・・・

一位は「カイト」です。

2020年7月29日に発売した米津玄師が提供した楽曲です。

東京オリンピックのテーマ曲にもなっている曲ですね。これも最近よく聞く歌番組でも歌うので皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

最初に出した曲と最後に出した曲が一位二位二ランクインするのってめっちゃ素敵ですよねー

ということで今回は、嵐のシングルランキング売り上げのご紹介をしていきました。

まだ、活動休止ではありませんが、来年のことを考えるとテレビが詰まらなくなりそうな気がしてなりませんが、素敵な嵐を皆さんで待ちましょう。

それではみなさんまた来週~さようなら~

+1

クリスマスイブ

 どうも田村です。

 本日はクリスマスイブですね。

 私は今日も明日も出勤してますが、クリスマスイブもクリスマスも塾に来て勉強をする子供たちも大変だなと思っております。

 今年のクリスマスはコロナウイルス感染拡大のため、皆さんもおうちでクリスマスを過ごしているのでしょうか。それとも恋人や友人とどこかで過ごすのでしょうか。

 結局、私は大学四年間に彼女と過ごすクリスマスは一度もないどころか、毎年出勤しているクリスマスみたいな感じですけど…(笑)

 大人になったらサンタさんは来ないし、何にももらえず一人で過ごす悲しいクリスマスという印象がある行事。

 とりあえず明日も仕事頑張ります!(笑)

+2

東京タワー完工の日

 どうも田村です。

 今日12月23日は東京タワー完工の日だそうです。

 1958年のこの日、東京・芝公園に東京タワーが完成して完工式が行われたようです。

 高さ333メートルでパリのエッフェル塔よりも13メートル高く、当時世界一の高さの建造物となった。

 東京タワーというと東京のシンボル的な存在というイメージですね。

 今では東京スカイツリーの方が有名になってしまいましたが、今でも個人的には東京タワーは東京を代表するデカい塔のイメージです。

+1

Dizzy Sunfist

  どうも田村です。

 今日は最近ハマっているアーティストについて書こうと思います。

 Dizzy Sunfistというスリーピースバンドにハマっています。

 魅力としては英詞の歌詞の曲だけど訳しやすく、曲がパンクロック風でかっこいいところです。

 実際、曲のジャンルとしてはロックとパンクのようです。

 元々、GREEN DAYやレッチリなどの洋パンクが好きだった私はDizzy

 Sunfistの曲を聞いて激しめの曲にのせて駆け抜けるように英詞を歌うこのバンドの曲はGREEN DAYのような感じで良いなと思ってハマり始めました。

 ちなみに英詞の曲を歌うこのバンドのメンバーは全員日本人です。元々エルレやハイスタのコピーバンドだったようで、ハイスタがインタビューで「日本語で歌詞を書くのが恥ずかしい」と言っていたのを見たギタボのあやぺたさんがそれに共感したのがきっかけらしいです。

 さらにこのあやぺたさんはウーバーワールドのギタリストの彰さんの奥さんです。

 

 最後にDizzy Sunfistのおすすめ曲を紹介します。

 SHOOTING STAR という曲がお勧めです。 歌詞は英語ですがこの曲は日本語訳が特にしやすいので英詞の曲に慣れない人にもお勧めです。

+1

どうも小林です。

さて、突然ですが問題です。

この挨拶誰と一緒か気づいた方いますか?(笑)

答えは、、、、田村先生です!!

「どうも」と打った瞬間、予測変換に「どうも田村です。」とでてきたので真似してみました

さて、本日は久々?に最近僕がハマったアニメの話をしたいと思います。

そのアニメとは、現在放送中の「神様になった日」という作品です!!!

今週の土曜日で最終回を迎えるのですが、一昨日ハマってしまい、二日間で最新話、といっても、配信なので、10話までですが、みてしまいました。。。

ハマると一気見してしまうんですよね。

火曜日に最新話配信なので明日が待ち遠しいです…

さて、ここからネタバレも含んでしまうと思うので、まだ見ていない方はお気をつけください。。。 “” の続きを読む

+1

人間の連帯国際デー

 どうも田村です。

 本日は12月20日人間の連帯国際デーらしいです。

 2005年の国連総会で制定された国際デーの一つ。

 多様性の中での人類の連帯を祝い、2000年に定められた貧困撲滅などの「ミレニアム開発目標」の達成に向けて団結の重要性を思い起こす日だそうです。

 今のようにコロナで世界中が混乱している中ではより一層の人と人の団結が大切ですね。

 

+1

『お疲れ様です』を使う時と、教育実習ガイダンスに対して思うこと

 どうも田村です。珍しく今日は長めの投稿となりますが良ければお付き合いください。

 本日は指導担当の先生に言われて初めて知ったビジネスマナーについてのことです。

 毎週金曜日に私は教育実習校でボランティアとして活動を継続しています。私は今まで廊下ですれ違った先生へのあいさつとして『お疲れ様です』と、あいさつをしていました。

 最初のうちは『こんにちは』とあいさつをしていました。しかし、廊下で同じ人と何度もすれ違いざまに『こんにちは』とあいさつを繰り返すことは相手からしたら(何回も同じ挨拶をしてくる変な奴)などと思われたり、(さっきもこんにちはって言ってたじゃないか)と思われているのでは?とある日こんなモヤモヤを感じました。そんな時に他の先生が私に対して返した『お疲れ様です』という挨拶にひらめきました。『こんにちは』ではなく、『お疲れ様です』なら、何度繰り返しても『こんにちは』よりも違和感がないのではないか?と。その日以来、私は廊下で他の先生方と顔を合わせるたびに『お疲れ様です』と声をかけるようになりました。

 そんな日々が続いて本日、指導担当の先生に言われたことが、「お疲れ様ですは同僚や上司に対して使う言葉だからビジネスマナーとしてはおかしいよね。」とのことでした。

 

 意外と今どきの私たちのような若者はビジネスマナーに沿った言葉遣いが出来ていないのではないのか?特に私のような教育学部の人間なんてマナーの緩いバイトをやってる人も多く、社会経験なんてないので、このようなことを学ぶ機会・知る機会に恵まれていないのではないか?そんな風に思いました。

 大学では小難しくて長ったらしい教育実習のガイダンスでは「ちゃんと挨拶をしろ」「遅刻をするな」などの基本的なことを我々学生に伝えるのではなくて、社会人としての言動や振る舞いを学ぶビジネスマナー講座があるほうが嬉しいなとかそんなことを思いました。

+2

小林、自動車免許取得への道 ~ road to driver license ~ 『学科試験編』

みなさん、お久しぶりです。

前回投稿した際、約1か月ぶりだったのですが、またまた1か月ぶりになってしまいました。

さて、前回の投稿で「小林、自動車免許取得への道 ~ road to driver license ~ 」は最終回を迎えたのですが、御盛況だった(と思いたい)ため、本日は特別版として、学科試験編についてお話したいと思います!

免許を取得したことのある方は、ご存知かと思いますが、教習所を卒業しても免許証はその場でもらえるわけではないんです。

各都道府県の公安委員会の定める会場での学科(筆記)試験に合格しないと、免許証を取得できません。

試験といっても、交通ルールに関する簡単な〇☓問題なので、しっかりと勉強していれば、問題はありません。

受験者の8割は合格します。

しかし、小林!!!なんと!!!!! “小林、自動車免許取得への道 ~ road to driver license ~ 『学科試験編』” の続きを読む

+1