国産の夢が

途絶えそう。

いえ、途絶えるわけではないんですけども。こんばんは、金曜日なのに松尾です。レア!

いえね、なにが、って三菱重工業が開発を進めている国産初の小型ジェット旅客機、その名も三菱スペースジェット。

以前、三菱リージョナルジェット(MRJ)の名称の際に記事にした気がします。

そんなMRJ改めMSJなのですが、この度事業化が凍結になる可能性が濃厚というニュースが!

2008年から始まった開発ですが、設計変更や生産トラブルに相次いで見舞われ、これまでに6度の納期延期を繰り返し…

そこに輪をかけてこの度の新型コロナウイルス感染症流行、と。

納入先となる航空産業があえいでいることもあり、事業凍結の憂き目にあうらしいですね…

かなしみ。

多くの人の命を預かり、事故となれば搭乗している人々のみならず様々な被害をもたらす飛行機ですから、設計製造において少しのミスも許されません。
国内初となるリージョナルジェットということもあり、難しい面が多かったのだろうと思います。

ただ、YS11以来となる国産旅客機の夢、一航空ファンとしては残念でなりません。

にわか航空ファンですが()

そして、さらにさらに。

その国産初の旅客機YS11。

敗戦から立ち直った日本に航空機製造が許され、初めて作られた由緒正しき(?)旅客機。

設計にはあの零戦(!!)の設計者である堀越氏もかかわったという機材です。

そんな金字塔YS11が、国立科学博物館に寄贈されていました。

そして、羽田空港にて一般公開が予定されていたものの、諸事情により空港内での公開は難しい、ということになりまして…

なんと我が故郷、茨城県!!!で保存・一般公開されることになったそうなんです!!

…と、ここまでは喜ばしい限りの話なのですが。

移設が始まり、機体の組み立て作業に入ったはいいものの、新型コロナウイルスの影響による入場者数制限によって財政状況が悪化…

組み立て資金が不足する事態になってしまったそうな…

というわけで、絶賛寄付を募集中とのこと!!

興味のない方にはとことん興味がないでしょうけれども…

気になる方は是非に…!是非にお願いします!!(笑)


MSJ事業凍結

>>【三菱重工が国産ジェット凍結 開発遅れ、需要も低迷】(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65351530S0A021C2MM8000/?n_cid=NMAIL007_20201023_A


YS11 量産初号機公開プロジェクト

>>A-part【多くの方に見てほしい!戦後日本復興の象徴「YS-11」量産初号機公開プロジェクト】(朝日新聞社クラウドファンディング)

https://a-port.asahi.com/projects/kahaku_ys-11/?utm_source=asahi&utm_medium=email&utm_campaign=db201023_01&spMailingID=3825873&spUserID=MTAxNDQ3OTYxNjUxS0&spJobID=1340297628&spReportId=MTM0MDI5NzYyOAS2

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA