キャッシュレス時代に賛成?反対?

みなさん、こんにちは。

本日は、最近やたらと目にするキャッシュレス時代についてお話ししたいと思います。

みなさんは、クレジット派ですかそれとも現金派ですか?

日本人の約20%がキャッシュレス決済だそうです。

この数値は、世界で比べるとかなり低く、最もキャッシュレス決済比率が高い

国は韓国で約96%だそうです。

そもそもなぜ、現在キャッシュレスの話題が挙げられているかというと、

皆さんもご存じ消費税増税が原因です。

来年の10月から消費税が10%に上がる予定です。

その際、クレジット決済を行った場合、2%ポイント還元が検討されています。

つまり、クレジットで買い物すれば以前と同様8%で買い物が出来るということです。

また、増税にも該当項目があり、対象外のものは以前と同様8%だそうです。

つまり、対象外のものをクレジット決済すると6%となり、以前より消費税が減税されると

いうことです。

ややこしい!!

話は若干逸れてしまったので、戻しますと日本はなぜ現金志向が強いかというと

アンケートの結果、浪費しそうお金の感覚がマヒしそう、お金のありがたみがなくなりそう

などが挙げられていました。

たしかにその通りだと思います。

(クレジットでいくら使ったのか分からなくなった経験ありませんか?)

しかし、今後日本はどんどんキャッシュレス社会へと変わっていきます。

政府目標は2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%だそうです。

これは、少子高齢化や人口減少に伴う労働力不足への対応が大きな理由みたいです。

簡単にいえば、現金管理には人が必要ですがクレジットは人が不必要だということです。

なんだかこの記事を見ていると切なくなってきました。

日本人らしさがどんどんなくなっていく気がします。

塾代のキャッシュレス決済を検討しないと…

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA