私立中学・高校説明会に行ってきました。

みなさん、こんばんは。

この時期は、入試要項が徐々に決定され始め

各学校で学校説明会が実施されております。(私立中学・高校です。)

今回、私は4校合同(桜美林、玉川学園、日大三高、八王子学園)説明会と

帝京八王子中学・高校、そして本日

立川女子高校に行ってきました。

変更点で大幅改定があったのは、八王子学園高校です。

内申点が基準値をクリアしていた場合、50点を当日点に加点することができます。

これで、八王子学園高校を安心して受験することができますね。

例年、細かな変更点を出す学校は多いです。

特に併願優遇に必要な通知表の数値の変更には注意が必要です。

そもそも、併願優遇とは何か?

知らない方へご説明いたします。

東京都の入試では、都立第一志望の子どもたちは滑り止め

(都立不合格の場合に通う私立学校)を大半の方は受験します。

私立学校を一般受験する際、受験方法は2つあります。

1つは学校側が提示する通知表の基準を満たしていれば、当日点に加点をしてくれる

(加点上限は学校により異なります)受験制度、これが併願優遇です。

もう一つは基準は関係なく、当日点のみで合否が決まるフリー受験があります。

多くの生徒さんは、内申基準をクリアし

併願優遇制度を用いて都立一般入試に挑みます。

現在、併願先で人気が高いのは

2020年度大学入試改革の煽りを受け、大学附属の学校です。

八王子近辺で、併願優遇を実施しているのは、

帝京大学八王子、東海大学菅生、共立女子第二、明星中学・高校、

拓殖大学附属第一高校、桜美林高校、工学院大学附属中学・高校など、

山梨にはなりますが、日大明誠高校があります。

他にも多数あり、東京の中学生にはたくさんの選択肢が用意されています。

その中から自分に合う学校をしっかりと探してみてください。

先週に続き、今週も学園祭シーズンです。

学校の雰囲気を知るにはとても良い機会なので、

学園祭に訪れてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私の母校は2年に1度の学園祭で、

私はちょうど2年生の時にあたり、1回しかできませんでした..。

(クラスの出し物で占いの館をやったら長蛇の列ができるほどの人気!!)

占いってみんな、好きですね~(笑)

私は今週、都立立川高校、成瀬高校、南平高校へ訪れました。

南平高校は3年連続で行っています!!(笑)

子どもたちの青春を肌で感じ、私も少しパワーをもらってきました。

最後に、今週で中間テスト1週間前の学校が多くあるかと思います。

今週日曜日は、

定期考査対策として教室を開講しております

(詳しく日程は別日にお知らせします。)

ぜひ、当校の生徒さんのお友達であれば

教室でお友達同士で勉強しましょう!!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA